Short novels collection
focused on football life.

NEW
#31
タクシー、フランス、深夜四時。
Taxi, France in Tokyo 28:00

28時の東京。タクシー運転手の僕は車を路肩にとめて、おもむろに私物のタブレットを取り出した。EUROのフランス対スイス。客待ちをしているふりをして、この試合を見るためだ。応援しているのはフランス。しかしハーフタイムのとき、望まぬ客がドアを叩いて……。

読む

FOOTBALL SHORT NOVELS COLLECTION :
FOOTBALL AND LOVE SONG
Written by Masashi Fujita

ぼくらの暮らしは、
いつもどこかに
サッカーがある。

\ information /


藤田雅史の最新刊『サムシングオレンジ|THE ORANGE TOWN STORIES』が2021年7月11日に刊行されました! アルビレックス新潟サポーターズマガジン『LARANJA AZUL』の人気連載小説がついに単行本に! 3篇の書き下ろし新作を含む16篇を収録した、アルビのサポーターはもちろん、そうじゃない人も楽しめる、ピッチの外側の普通の人々を描く、これまでにない新しい“サッカー小説”の誕生です。 Amazonなどでご購入いただけます。→Amazonはコチラ 

新作を読む

NEW
#31
タクシー、フランス、深夜四時。
Taxi, France in Tokyo 28:00

28時の東京。タクシー運転手の僕は車を路肩にとめて、おもむろに私物のタブレットを取り出した。EUROのフランス対スイス。客待ちをしているふりをして、この試合を見るためだ。応援しているのはフランス。しかしハーフタイムのとき、望まぬ客がドアを叩いて……。

読む
作品一覧

ABOUT THIS SERIES

日常の暮らしの中のサッカーをモチーフにした短編小説シリーズ 『フットボールとラブソング』。人生の記憶に残る数々のフットボールシーンやサッカーファンの心の機微を描くことに挑戦したショート・ストーリー。ぜひ通勤通学や余暇の時間、サッカー観戦時のハーフタイムなどにお楽しみください。毎月第2金曜新作公開。



WRITTEN BY

MASASHI FUJITA

藤田雅史/EVERYDAY FOOTBALL代表。1980年生まれ。日本大学芸術学部卒。著書『ラストメッセージ』(2019)、『サムシングオレンジ』(2021)。小説のほか戯曲、ラジオドラマなど執筆。2007年、サッカー好きが高じてサッカーTシャツのブランド「EVERYDAY FOOTBALL」を立ち上げる。現在、雑誌『LARANJA AZUL』にてサッカー小説『THE ORANGE TOWN STORIES 2021』、エッセイ『週末の機嫌はあなた次第。』を連載中。