人生とか、恋愛とか、
結局みんなサッカーがらみ。
そんなサッカー小説。

朝起きてまずやることは欧州サッカーの結果のチェック。週末はDAZN三昧。Jリーグ、プレミア、リーガ、セリエA、あるいはCL…。国内外のどこかに贔屓のチームがあって、大好きな選手がいる。4年に一度のビッグイベントといえば、オリンピックよりワールドカップ。普段はあまり口数が多くないけれど、サッカーについては、ちょっと誰かと語りたい。そんな、ごくごく普通のサッカーファンの日常の暮らしを描くことに挑戦した短篇小説シリーズが、この『フットボールとラブソング』です。記憶に残る数々のフットボールシーンや名選手、名試合などをモチーフに、サッカーファンの人生の一場面、恋愛模様などをパーソナルな視点で表現します。スポ根やドキュメンタリーとはまたひと味違う、「サッカー小説」。ぜひお楽しみいただければ幸いです。

 
 

毎月第2金曜日に、
新作を発表します。

『フットボールとラブソング』は毎月1篇ずつ、第2金曜日に新作を公開いたします。ひとつの物語につき、作品によってばらつきはありますが、読了時間はだいたい10分〜20分程度です。ぜひ通勤通学や余暇時間、あるいはサッカー観戦時の退屈なハーフタイムなどにお楽しみください。


WRITTEN BY

藤田雅史

EVERYDAY FOOTBALL代表
 

懐かしい曲を耳にしたとき、その曲を聴いていた当時の情景や、親しかった人のことをふと思い出す。そんな経験は誰にでも覚えがあると思います。音楽が人生に染み込むのと同じように、サッカーの記憶が、人生の思い出を引き連れてくることがときどきあります。「あの試合」を振り返ることで、「あの日」を思い出す。「あの人」の顔が浮かぶ。一緒に試合を観た仲間、そのとき好きだった人、住んでいた場所、つらかったこと、楽しかったこと。思い出の中には、もう二度と一緒にサッカーを観ることのできない人もいるはずです。サッカーが好きな人には、きっと誰にでも、サッカーにまつわる個人的なドラマがあって、大切な思い出がある。そんな物語を書きたいと思いました。ピッチの上の物語ではなく、そこから遠く離れた場所の、サッカーにまつわるささやかな物語。サッカーが好きな人に共感してもらえると、とてもとても嬉しいです。

 
 

藤田雅史/EVERYDAY FOOTBALL代表。1980年生まれ。短篇小説、ラジオドラマ脚本、エッセイ、戯曲など文筆業の傍らサッカー好きが高じてサッカーTシャツブランド「EVERYDAY FOOTBALL」を主宰。現在、雑誌『LARANJA AZUL』にて、サッカー掌編小説連載中。また、脱力系サッカーエッセイも同時連載中。著書『ラストメッセージ』(BSN)。


 

 

雑誌連載がはじまりました。

アルビレックス新潟サポーター向け雑誌『LARANJA AZUL(ラランジャ・アズール)』にて、サッカー掌編小説『THE ORANGE TOWN STORIES』の連載がはじまりました。また、脱力系サッカーエッセイ『FOOTBALL DICTIONARY』も同時連載中です。現在、ネット通販にてご購入いただけます。

出版社・編集者の方へ

本サイト『フットボールとラブソング』の作品群を短篇集として書籍化できたら、より多くのサッカーファンに届けることができたらと願っています。単行本化についてご興味のある方がいらっしゃいましたら、ぜひお声がけをいただけると幸いです。